交通事故の被害に遭った場合に、多くのケースで発生する怪我がむち打ちです。

追突などの衝撃によってむち打ちは起こりますが、医学的にむち打ちは頚部捻挫や外傷性頚部症候群などのことを指します。むち打ちと聞くとそれほど重傷と言ったイメージがありませんが、神経が圧迫され痛みやしびれが残ることもあります。もし一定期間治療を行った場合でも完治しなければ後遺障害として認定することが出来ます。

 

交通事故でむち打ちになった場合には、まず最初に整形外科に通うことになります。整形外科でレントゲンやMRIなどの画像検査を行ってもらうことが大切です。これらは後日、後遺障害等級の認定の際に必要となりますので、必ず整形外科を受診する必要があります。また整形外科では薬も処方してもらえますので、定期的に通院することが必要です。

 

また整形外科と併用して整骨院を利用することも可能です。保険会社からして見れば整形外科に加えて整骨院に通うことは、支払う保険金が増えますのであまり好ましいことではありません。しかし整骨院に通うことは被害者が自由に選択することが出来ますので、保険会社に連絡すれば治療費を負担してもらえますし、慰謝料の計算に用いる通院日数に含めることも出来ます。

 

もししばらくの間整形外科に通っているけれど、症状が改善しないといった場合には整骨院を活用してみることも得策です。レントゲンを見ても異常が見当たらないといった場合でも、身体の不調を訴えているケースは多々あります。整骨院ではそのようなケースでも、改善するように努めてもらえますので利用する価値はあります。

 

ただし注意したいこととして、整骨院や接骨院は国家資格を有している柔道整復師が施術を行ってくれますが、整体院は国家資格を必要としませんので、交通事故の治療には向いていません。

 

交通事故によるむち打ちなどの怪我の治療は初期対応が非常に重要となります。たとえ痛みが無くても、必ず病院を受診することが必要です。